4日目2007/10/07

病院へ行くと、昨日とは打って変わって、酸素を吸入し、管を着けられているあーちゃんが目に入る。

目があったものの、あまりの姿に涙ぐんでしまう。

「看護婦さんに謝っておいて。」

ろれつの回らない言葉であーちゃんが言う。

どうやら、夜から朝にかけて汚してしまったらしいのだが、それを謝ってほしいらしい。

看護士さんが来て、状況を説明してくれたところ、痛み止めが効き過ぎて今朝は意思疎通ができないような状態だったとのこと。熱も40℃出たそうだ。

状態が悪いので、大部屋からナースステーションに近い4人部屋に移る。

先生から説明されたところ、芽球自体の割合は10%だが、異常な単球の割合が30%。
この単球というものが、他の組織に浸潤しやすいそうで、両肺にびまん性浸潤影が見られるという。

また今朝から発熱で最高40℃、意識障害、血圧低下、酸素低下が見られ、原因として、敗血症/白血病が考えられ、意識障害に関しては痛み止めに使用したモルヒネの影響もしくは敗血症・白血病が頭へ浸潤した可能性も考えられるという。
場合によっては、急変の可能性も100%否定できないとのことだった。

あまりの急な展開に、兄弟宛にあーちゃんの横でメールを打っていた。

あーちゃんは、一度目を開いて、何か起き上がろうとしたが、そのまま横になって私とは反対方向に寝返りを打つ。

看護士さんが、念のためと言って、起き上がろうとしたり管を抜いたらわかるように、あーちゃんが動いたらナースコールが起きるようにしてくれた。

お隣では、一家でお見舞いに来ているらしく、お孫さんの運動会の話題で盛り上がっている。

先生が一度様子を見に来てくれたが、呼びかけてもそのままだ。
「寝ちゃったみたいですね。」

看護士さんが様子を見に来てくれる。
また呼びかけても反応がない...

それからは目まぐるしく展開し、17時18分、すべては終りました。

移植を目前に控え、あまりの急な展開にまだ信じられない思いですが、できるかぎりのことをしてくださった病院の先生方、スタッフの方々に感謝します。

コメント

_ あむママ ― 2007/10/08 13:34

こんにちは。
びっくりしました。。
本当にあまりの急な展開に驚くことしかできなくて…
言葉が見つかりません。
移植を目の前にして本当に残念でなりません。

これからはあーちゃんがずっと見守っていてくれることでしょう。
どうかお体に気をつけて。

※コメントの受付件数を超えているため、この記事にコメントすることができません。

トラックバック


このブログで記述している内容は、あーちゃんの症状・状態によるものです。
患者さんや担当医師によっては、異なる場合があると思われますので、
ご注意ください。